FREENANCE(フリーナンス)の評判・口コミのポイントまとめ

まなみ

フリーランスならではのお悩み

  • 「報酬の支払いは来月末だけど、もう手元にお金がない・・」
  • 「仕事上で損害賠償リスクがあって、安心して働けない・・」
  • 「ケガや病気で働けなくなったらどうしよう・・」

このような不安を抱えているフリーランスにFREENANCEは最適です。この記事では、実際にFREENANCEを活用したユーザーの口コミや評判をもとに、FREENANCEを活用するメリットやデメリットをご紹介します。

目次

FREENANCE(フリーナンス)とは?

運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
サービス内容あんしん補償 / 即日払い / 所得補償
サービスの強みケガや病気による就業不能を補償 / 損害賠償請求最大5,000万円まで補償 / 3%の手数料で即日払い

『FREENANCE』とは、GMOクリエイターズネットワークから2018年10月にリリースされた、フリーランスのための

損害補償保険・収納代行

を行ってくれるサービスです。主な特徴は以下の3つです。

  • あんしん補償(フリーランスに特化した損害賠償保険)
  • 即日払い(請求書を買い取り代金を最短即日に振り込んでくれる)
  • 所得補償(ケガや病気で働けなくなった際に、最長1年間所得補償が受けられる)

フリーランスにとって必要な売掛金の回収や、資金繰り改善のための機能が充実しており、事業の頼もしい味方になってくれます。

まなみ

次は、FREENANCEの3つのサービス内容についてご紹介します

FREENANCE(フリーナンス)に登録するメリット

FREENANCEに登録するメリット

FREENANCEに登録するメリットは以下の3点です。

登録する3つのメリット

  • 損害賠償時の保険
  • 即日支払サービス
  • あんしん補償プラス
まなみ

それでは、順に見ていきましょう

損害賠償時の保険

受託で作っていたアプリのソースコードが漏洩してしまった・・

納期が守れず、クライアントの事業に損害が出てしまった・・

など、フリーランスのクリエイターは常にリスクと隣り合わせの中仕事をしています。

もし、上記のトラブルが自分に起こってしまった場合、クライアントから数千万〜億円の損害賠償を請求されることもあります。この規模になると個人ではどうにもなりませんよね。

そんな時に、FREENANCEの『あんしん補償』に加入していると安心です。損害賠償請求された際に、最大5,000万円まで補償してくれます。

\事故等の補償は最高5,000万円/

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

即日支払サービス

フリーランスの報酬は、翌月末払いであることが多いです。フリーランス専門エージェントからお仕事を受けている場合は、1.5〜2ヶ月後に報酬が支払われる事が一般的ですね。

サラリーマンの給料と比べると少しタイムラグがあります。

つまり、報酬が支払われるまでの間は、自分の貯金や他の仕事の報酬でお金の工面をする必要があります。もし、「次の給料日まで待てない・・」という場合、FREENANCEの『即日支払サービス』がオススメです。

即日支払サービスでは、FREENANCEがフリーランスの請求書を買い取ってくれ、その代金を即日フリーランスの銀行に振り込んでくれる仕組みです。手数料は請求書額面の3.0%~で最高1,000万円まで対応してもらえます。

\手数料は請求書額面の3%~/

フリーランスの請求書を即日払い【FREENANCE】

あんしん補償プラス

FREENANCEの『あんしん補償プラス』は、2020年8月にリリースされたフリーランス向けの所得補償サービスです。

ケガや病気で働けなくなった際に、最長1年間の所得の補償が受けられます。

あんしん補償プラスの特徴は以下の3つです。

最長1年間の補償ケガや病気で働けなくなった場合、最長1年間保険金を受け取れます。
24時間・365日補償仕事中だけでなく、日常生活や旅行中のケガ・病気にいたるまで国内・海外を問わず24時間・365日補償されます。
天災によるケガも補償国内・海外を問わず、地震・噴火・津波など天災によるケガで働けなくなった場合にも保険金が支払われます。

保険料のシミュレーションとしては、例えばWebデザイナー(35歳)が毎月30万円を最長1年間受け取りたい場合で試算すると、以下の通りです。

料金と割引率フリーナンス
あんしん補償プラス
団体F(例)
団体加入費(年額)3,000円10,000円
団体割引率60%44%
月々の保険料1,770円2,310円
年間支払い総額24,240円37,720円
  • ケガや病気による就業不能を補償
  • 医師の診査が不要で加入手続きが簡単
  • 団体割引等適用のため保険料が割安
  • 手間がかからない便利な自動更新方式

\最長1年間の所得を補償/

 あんしん補償プラスに無料登録

FREENANCE(フリーナンス)に登録するデメリット

フリーランス向け「お金と保険」のサービス【FREENANCE(フリーナンス)】

FREENANCEに登録するデメリットは以下の3点です。

登録する3つのデメリット

まなみ

それでは、順に見ていきましょう

個人間の取引には利用できない

FREENANCE専用口座への振り込みは、法人口座からの振り込みのみとなっています。
個人間の取引には利用できないので注意が必要です。

自由に引き出せない

FREENANCE口座へ入金された資金は、週に1度(金曜日)受け取り口座へ出金されます。

そのため、最大で1週間資金を利用できない期間が生じます。急に資金が必要な場合、FREENANCE口座に資金が入っているのに使えないという事もあります。

請求書の登録をしないといけない

基本的にFREENANCE口座への入金については、すべての請求書を提示する必要はありません。

しかし、大きな金額が申告なしに振り込まれた場合、請求書の提出が求められる可能性があります。その場合、承認されるまで引き出しが見送られます。

FREENANCE(フリーナンス)の評判・口コミ

それではFREENANCEの評判を見ていきましょう。まずは良い評判から。

先日フリーナンスというサービス見つけて登録したんですが、審査通りました☺️

✅事故保険が自動付帯
✅請求書を買い取ってもらい即日払いできる
というフリーランス向けサービス。しかも登録無料

無料で保険がつくだけでもスゴイけど、支払いの不安解消にもなるし、外注先への先支払いにも便利👍

— ショーヘー@デイトラ運営 (@showheyohtaki) March 20, 2019

GMOさんが運営するフリーナンスを利用したのですが

・業務上のトラブルが起きた際の保険に無料で入れる
・クライアントの支払い期日よりも早く現金が手に入る

など、専業フリーランス成り立ての僕にはありがたいサービスでした。

— かずたか@プログラミング独学 (@kazutaka_dev) September 10, 2019

今回の騒動を受けてフリーナンスに登録しました😃

私の場合、偶然な事故による納期遅延のため発注者から損害賠償請求を受けたときに『最高500万』補償される

と言うのが魅力的だった。他にも色々ある「あんしん補償」が無料で付いてくるのはなんで?と思うくらい親切。

— astin muhler@果実デザイナー (@astin_muhler) March 4, 2020

「フリーナンス」というフリーランス向けのサービスが良さそうです。さっき登録した

損害賠償の保険が無料で利用できて、3%の手数料で即日支払いに対応してもらえるらしい。基本無料ですが、GMOの口座開設がセットになって、これが気にならないなら入らない理由はなさそう。

— とだこうき@東フリCTO (@cohki0305) March 20, 2019

損害賠償になった時は、最大5000万までの保証も無料であるのは嬉しい。調べたら他にもファクタリングサービスやってるとこ多いのね。チラシやらフライヤーやら作ったのに報酬が来月末とかなると厳しいし、すぐにお金が入ってくれないと困る!って時には非常に助かる。フリーナンス、覚えておこう。

— Flying Jackman (@FlyingJackman) January 30, 2020

フリーナンスというサービスに会員登録しました。
メインはファクタリングサービス(請求書の現金化)ですが、無料で損害賠償保険が自動付帯するという太っ腹さ。フリーランスの方は、とりあえず登録しておくだけでもいざという時に安心かも。

— Tetsuaki Hamano / 浜野 哲明 (@tetsuaki_hamano) December 25, 2019

✅フリーナンス登録できました

フリーランスになると、お金周りは自分でやることになりますが、特に気をつけたいのが「売上の回収」ですね。ここのサイクルが滞ると死活問題でして、そのリスクを軽減するためにも自分で保証を作っておくのは大事です。

— もんしょー@リモートエンジニア|YouTube登録者2000人突破 (@sima199407) April 5, 2019

フリーナンスのファクタリング試してみたら2営業日で着金した。手数料10%掛かったけどすごい世の中や…。

— okd.sh (@undbn) November 12, 2019

SNS上ではいい評判だけでなく、悪い評判もちらほら見受けられたのでそちらも見ていきます。

以前、WSSクラスのライブで知った、フリーナンスに登録してみました!
取引の振込先口座をフリーナンスで取れる口座(GMOあおぞら銀行)に指定するだけで、無料で保証が受けれます。

ただ、法人口座からの振込が対象みたいで、個人事業主がクライアントの場合は対象外のようで注意です

— やすき@Web制作×育児×兼業 (@yasuki_regather) October 9, 2021

フリーナンス会員登録の審査落ちた…謝絶の理由は開示できかねますとのこと…

再申請、再審査も不可とのことなので、諦めるしかないですが、、ショック

— ぶんぶく🏕️動画編集 | 育休 | 副業 (@bunbukulife) April 27, 2021

無料で損害賠償保険つくからと入ったフリーナンス、登録に身分証いろんな角度で撮ったりやスマホで本人撮影したり勿論住所電話番号も必要でめちゃくちゃ個人情報必要だった。その上振込先口座をGMOにしましょうとか、なんか収納代行の申込してしまってる感

— 間宮@フリーSE (@cryptomamiya) September 18, 2021

ご覧の通り、FREENANCEを活用しているユーザーの満足度には個人差があるようです。

また、Googleで「フリーナンス」と検索すると、「フリーナンス 審査落ちた」といった関連ワードが1番目に表示されるので、審査内容に不満を感じている方は一定数いるようです。

FREENANCE(フリーナンス)はどんな人におすすめ?

FREENANCE(フリーナンス)

FREENANCEは無料で補償を付けることができるので、フリーランスの方であれば誰でもお得です。その中でも、特におすすめできるフリーランスの特徴を挙げていきたいと思います。

おすすめできる方の特徴

  • 資金繰りに困っているフリーランス
  • 高額な機材や機密情報を扱うフリーランス
  • 社会的信用で困ったことのあるフリーランス
まなみ

それでは、順に見ていきましょう

資金繰りに困っているフリーランス

FREENANCEの一番の魅力は『即日払い』です。3%ほどの手数料で即日払いしてもらえるファクタリングサービスを提供しており、資金繰りに困っているフリーランスにおすすめです。

とりあえず登録しておいて、いざという時に利用できるようにしておきましょう。

高額な機材や機密情報を扱うフリーランス

特に、事業で高額な機材や機密情報を扱うことが多いフリーランスの方は、もし事故を起こしてしまった場合、損害賠償のリスクも金額も大きくなってしまいます。

FREENANCEの『あんしん補償』は、無料登録して振込専用口座を設定するだけで最高5,000万円の補償が付きます。保険料はかからないので、もしもの時に備えておくことをオススメします。

社会的信用で困ったことのあるフリーランス

フリーランスは、社会的信用の低さから契約してもらえないといったことがあります。

一方で、FREENANCEに登録しておくと、「依頼したフリーランスがなにか事故を起こしたら怖い」「どこの誰だか分からないフリーランスに依頼は避けたい」といったような発注企業側の心配事も減らしてくれるので、言い換えれば『FREENANCE』に登録しているフリーランスの社会的信用も上がることになります。

\3分以内で無料登録/

 FREENANCEに無料登録

よくある質問

  • あんしん補償を利用するための条件はありますか?
  • 即日払いを利用するための請求書について教えてください
  • 即日払いを申し込んでも、利用できないケースはありますか?
  • 口座開設が完了しましたが、このあとはどのように利用すればいいのですか?
  • 個人間での取引にフリーナンス口座は使用できますか?

    引用:FREENANCE公式サイト

最後に

フリーランス向け「お金と保険」のサービス【FREENANCE(フリーナンス)】
フリーランス向け「お金と保険」のサービス【FREENANCE(フリーナンス)】

以上、FREENANCE(フリーナンス)の評判や登録するメリット・デメリットについてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

  • フリーランスのための損害補償保険・収納代行を行ってくれるサービス
  • 損害賠償請求された際に、最大5,000万円まで補償
  • 請求書を買い取って、その代金を即日振り込んでくれるサービスがある
  • ケガや病気で働けなくなった際に、最長1年間の所得補償が受けられる

現在サラリーマンの方で、これからフリーランスになるための準備を始められる方は、以下の記事をステップ①から順に実践されることをおすすめします。

まなみ

フリーランスになるための準備

STEP
フリーランスとしてのキャリアプランを立てる
STEP
書籍・Webメディア・サロン・スクール等でスキルを習得する
STEP
実務経験(1年以上)を積める企業に転職する
STEP
副業で月10万円以上稼げる状態にしておく
STEP
信用を必要とする契約(賃貸・クレジットカード)を済ませる
STEP
税金や社会保険、確定申告のルールを理解する
STEP
屋号や事業内容を固めて開業届を提出する
STEP
名刺やホームページ(ブログ)を作成する
STEP
必須のサービス(会計ソフト・クラウドソーシング・フリーランス専門エージェント等)に登録しておく
STEP
案件やスキルシェアできる仲間を作る(フリーランスチーム・コミュニティ・シェアハウス)
目次