グルテンフリーは子どもにも効果があるの?体質改善で元気いっぱい

健康志向が高まっている現在、グルテンフリーという言葉を耳にする機会も増えたかもしれません。

グルテンフリーって聞くけど、子どもにも効果があるの?と疑問に思う方がいると思います。

今回の記事では、グルテンフリーは子どもにも効果があるのか調べてみたので紹介していきます。

目次

グルテンフリーとは?

始めにグルテンフリーとはなにか紹介していきます。
グルテンフリーとは、その名の通り、グルテンを含まないものを指します。

グルテンの種類


グルテンの種類としてあげられるのが、小麦やライ麦と言ったたんぱく質の成分になります。小麦粉と水をこねると、グルテニンとグリアジンというたんぱく質が混ざってグルテンが作成されます。
よく口にするパンのもちもち触感や、うどんのコシなどがこれらにあたります。

グルテンフリーは子どもにも効果がある?

ここからは、子どもにも効果があるか紹介していきます。
個人差はありますが、効果はあると思います。
実際に効果があったものを紹介していきます。

便秘や下痢などが改善された

グルテンは消化酵素で分解されにくく、分解途中の物質が炎症を引き起こして消化機能の障害をもたらす可能性があります。そのため、便秘などの腸のトラブルが起きやすくなります。
グルテンを摂取しなくなったところ、腸内環境がよくなり、便秘、下痢などが改善されました。
子どもが便秘や下痢などで悩んでいる場合は一度小麦製品を控えてみるといいかもしれないです。

砂糖や油を含む商品を食す機会が減る

グルテンを含む商品の多くは、砂糖や油などが多く含まれている場合が多いです。
そのため、虫歯や、肥満傾向に繋がる可能性が高くなります。
グルテンを含む商品を控えることにより、日本食に近づく献立になるため、体にもいいです。
虫歯や肥満で悩んでいる子どもがいたら、ぜひ実践してみてください。

体の調子がよくなった

人間の中には、知らずグルテンを摂取すると体調不良になる方がいるみたいです。
それにより、グルテンの接種を控えたところ、健康回復につながったとされます。
代表的なのがテニスプレイヤーのジョコビッチ選手です。
試合ができないほど体の調子が悪かったジョコビッチ選手ですが、グルテンの摂取を控えることにより、劇的に体調が回復したそうです。

肌トラブルが改善された

こちらも、便秘同様、腸内環境が改善されると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルが改善されます。思春期などに入ってくると自然と増えてくる場合がありますが、グルテンの摂取を控えると改善するかもしれません。

グルテンフリーのやり方

まず気軽に始められるのは、朝ご飯を、パンからお米へ代えるのが一番手っ取り早いやり方です。またパンはパンでも米粉パンや、麺を食べるのにも、ビーフンやフォー、春雨などがおすすめです。
しかし、あまりにもやりすぎてしまうと、かえって栄養が偏ってしまう可能性もあります。子どもの成長の妨げにならないように上手に取り入れてみてください。
また、グルテンフリーの商品も売られ始めていますが、少し値段が張る商品が多いです。これを毎回購入となると、普通の家庭は赤字になってしまいます。なので、家計と相談しながらできることから初めてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回はグルテンフリーが子どもにも効果があるか紹介していきました。
結果として効果はあると思います。
・便秘、下痢などのトラブルが改善
・砂糖や油を摂取する機会がへる
・体の調子がよくなった
・肌トラブルが改善された
※個人差があります
上記のような悩みを抱えている子どもがいたらぜひグルテンフリーにチャレンジしてみてくださいね。

目次